読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あなたの休憩所

旭川にあるスポーツコンディショニングセンター重原整骨院東光のブログです。

プロフィール紹介①

重原 浩貴(しげはら ひろき)

スポーツコンディショニングセンター重原整骨院東光 院長

 

生年月日 1972年9月25日生まれ

血液型 A型

性別 男

家族 妻、子供3人

資格

 柔道整復師

 JSBM認定基礎運動器系超音波技師

 NCSA-CPT(NSCA認定パーソナルトレーナー)

 北海道柔道整復師会認定スポーツトレーナー

 日本コーディネーショントレーニング協会認定ブロンズライセンス

 日本体育協会認定ジュニアスポーツ指導員

所属

 公益社団法人 北海道柔道整復師会(会員)

 旭川龍谷高校女子バスケットボール部トレーニングトレーナー

 NSCAジャパン(会員)

 NPO法人コーディネーショントレーニング協会(会員)

 一般社団法人 超音波骨軟組織学会(東日本評議委員)

 旭川ミニバスケットボール連盟(コンディショニングアドバイザー)

 旭川フットサル連盟(特務理事)

 旭川小学生バレーボール連盟(特務理事)

 旭川東豊スポーツクラブ(理事長)

 NPO法人メントレパフォーマンスコーチング協会(理事)

 FTEX Institute(会員)

コメント

 はじめまして、スポーツコンディショニングセンター重原整骨院東光で院長を務めています重原浩貴です。

 柔道整復師になって20年以上経ちました。がむしゃらに走り続けた20年だったと思います。

 20年前に私がスポーツトレーナーとして活動し始めた時は、旭川にスポーツトレーナーで活動している人は皆無でした。新しい情報は全くと言ってよいほど入って来ない時代でした。その為、東京や大阪、仙台までセミナーを受けに何度も通いました。月に最低1回、多い時で3~4回行きました。

 その為、お金はなく生活は苦しかったのですが、気持ちは充実していました。

 今では、たくさんの少年団や中学・高校の部活の指導者から選手の施術やトレーニング指導を依頼されるようになりました。

 チーム単位でもトレーニング指導を行い、選手だけでなく指導者や保護者向けのテーピング指導・怪我の対応講習会なども年に何回も行っています。

 今後も患者さんのために目先ではなく将来に目を向け「何が一番最善か?」を考え日々精進していきます。